語学のスキルアップを目指して、留学を決心する人もいるでしょう。どのタイミングで、どんな学校に通うか、迷うポイントがありますよね。事例をまとめたので、自分のライフスタイルに合った留学方法を検討してみましょう。

語学学校に通う

海外には、英語を勉強することがメインの語学学校があります。ESLと言われ、主に母国語が英語でない人たちが対象です。大学生や社会人の方で、数ヶ月間や1年程度の期間があるなら、フィリピンへの留学が適しています。英語に集中できる環境にどっぷり浸かれます。
生徒は、日本以外だと、中国や韓国のアジア、南米、中東方面から集まります。フィリピンの留学では、ネイティブの先生と、英語のみを使った授業が受けられます。先生や同級生は日本語が話せないことがほとんど。どうしても英語を話さないといけない環境になります。
クラスはレベル別に分けられていて、一番下はABCから、トップはビジネスや大学の授業でも通用するレベルの英語を教えています。

大学に留学する

大学生なら、1年間の交換留学や4年間の留学にチャンレジしてみてはどうでしょうか。長い期間、海外で生活する時間が増えれば増えるほど、英語のスキルはアップします。語学学校に通うのと違って、大学で専門的な授業を受けることは大きなメリットです。英語を使って専門分野の知識を広げることができます。授業やレポート提出を通じて、英語の読む・書く・聞く・話すの4技能が飛躍的にアップすることでしょう。
大学に編入するには、英語のスキルが「大学の授業を受けられるレベル」まで達しているのが条件です。レベルを図るために、試験のスコアの提出が求められます。このスコアが一定の高い数値を取れていないと、入学を受け付けてもらえません。入学前に、こちらの試験の対策が必要です。

高校に通う

中学生または高校生で、「英語が得意」と自信がある人なら、日本の高校には進学せず、海外の高校に留学してみるのも一つの手です。高校は1年間、もしくは、まるまる3年間通のも選択肢。高校3年間を海外で過ごすパターンだと、大半の方が日本に帰ることなく現地の大学に進学しています。
生まれてからずっと日本で育ってきた人には、10代での留学はハードルが高く、ためらわれる部分があるかもしれません。長期間、親元を離れた生活を意味するので、ホームシックにかかることもあるでしょう。しかし、語学の習得は若いうちからチャレンジするほうが、頭が柔らかい分、身につきやすいものです。環境の変化にすぐに適用し、英語のスキルが自然とアップしていきます。

毎年3000名以上のお客様の語学留学をサポートしております。 安心の学費保証制度サービスで、お客様の留学のサポートを行います。 各オフィスにて、弊社カウンセラーとマンツーマンで留学のご相談が可能です。 ワーキングホリデーやインターンシップなどの留学後のキャリアデザインもサポート。 出発~帰国、留学後のキャリア計画まで、徹底したサポートを行います。 フィリピン留学で英語を上達させよう