フィリピンに留学する際には、入念な準備が必要です。しっかりと準備してこそ、実りある留学体験になるのです。留学するにあたり、物の準備から心の準備まで、絶対に必要なものからあると良いものまで、詳しくお話したいと思います。

まずは必要なものの準備

フィリピンに留学する際に必要なものですが、留学というと1ヶ月以上は滞在することが多いですから、スーツケースは欠かせないでしょう。なるべくたくさん入るように、サイズの大きいものがよいです。ただし、飛行機に乗る際に荷物の重量制限がありますので、入れ過ぎないように注意が必要です。衣類やタオルは多めに持って行ったほうがよいです。現地調達しようと思っても、物価が高い国だとお金がかかりますし、探すのも大変です。持って行けるものは持って行ったほうがよいです。天候の良くない国の場合には、洗濯物も乾きにくかったりしますので、余裕を見て用意しておきましょう。衣類やタオルはかさばりますので、圧縮パックに入れて持って行くと、コンパクトに荷物の中に入れることができますよ。

次に、持って行くと便利なものの準備

留学先に持って行くと便利なものは、セキュリティグッズです。留学する国にもよりますが、日本ほど治安の良い国はそうないと思っておいたほうがよいです。普通に道を歩いているだけでスリにあうといったことも考えられます。パスポートや現金、クレジットカードなどの貴重品はバックの中ではなく、お腹に巻くタイプのセキュリティバックなどで身に付けて持ち歩く方が安全です。バックも、リュックサックだとスリなどが心配ですので、ショルダータイプのバックがおすすめです。他には、飛行機で使う折りたたみスリッパや、外国のトイレはあまりきれいでないことが多いので、便座に敷くシート、日本食が恋しくなったときのために、梅干など簡単な日本食を持って行くとよいでしょう。

最後は心の準備

留学するにあたっては、しっかりと心の準備をしておく必要があります。せっかく高いお金をかけて行くのですから、有意義な時間を過ごしたいものです。そのためには、自分が留学先で何を勉強したいのかを今一度考えておかなければなりません。もちろん下調べも必要です。自分でその国についてある程度調べた上で留学すると、ペーパーなどで知り得た知識と、実際に肌で感じて得た知識のギャップをかなり感じます。それが留学の醍醐味です。せっかく行くのですから、行ってみたいところや、やってみたいことなどをある程度まとめておいて、できるだけ実現できるように計画します。現地の人に聞いてみたいことなどもあれば、現地の言葉で聞けるように準備しておくことも必要です。