英語のスキルを伸ばしたいとか、国際的な視野を身に着けたいと思っている人にとって、フィリピンへの留学は願ってもないチャンス。スタートからつまづかないために、きっちり準備しておきたいですよね。フィリピンの留学に向けた準備で、気をつけたいことをまとめてみました。

持っていくモノは厳選して!

留学先に何を持っていったらいいのか迷いますよね。フィリピンは、日本の生活スタイルとは大きく環境が変わります。普段使っているものが身の回りにあれば、少しはリラックスできるでしょう。とは言っても、フィリピンにすべての荷物を持ち運ぼうとすると、費用が高額になります。出発のときはできるだけコンパクトに収まるように、持ち物を厳選しましょう。現地でも同じようなものが買えるのなら、現地で購入するようにして、「どうしてもこれじゃなきゃイヤだ」というものだけ、スーツケースにしまい込みます。最近ではオンラインショッピングが海外対応していて、海外から日本のネット通販を取り寄せることができるので、最悪の場合は「なんとかなる」と思って、少なめの荷物で出発するのが基本です。

持っていかなくても良いもの

パッキングをしていると、「日本でしか買えないものだから、留学先に持っていきたい」と思うものもあるでしょう。留学先で日本の味は食べられないだろうと考え、日本の調味料や食材をいくつかスーツケースに忍び込ませる人もいます。食べ物を持っていこうとしてもスーツケースのスペースを取るし、食べてしまえば無くなってしまうのが困りものです。しかし実際は、日本食が食べられないのではないか、と心配しなくても大丈夫なんです。最近では、わざわざ日本から持っていかなくても、現地で手に入るケースが増えてきたからです。海外で日本食が流行っていますし、留学先に日本人が多く住んでいるのなら、日本の食べ物がスーパーに売っていることがあるのです。日本の大手メーカーの製品が手に入ります。

持っていったほうがいいもの

現地でも同じようなものが買えると言っても、日本の製品と海外の製品では、クオリティに差があるケースがしばしば。日常的に使うもので、無いと生活の満足度が下がるのなら、無理して持っていっても良いと言えます。
女性の場合は、化粧品関係や生理用品関係を、日本で買いだめして留学先に持っていくケースが多いです。海外の人と日本の人でスキンケアやメイクアップのやり方が違うので、いつも使っているようなアイテムが手に入らない、ということが起きうるのです。生理用品については、日本の製品は日本人の肌に合った作りで安心なのですが、「海外の生理用品を使ったら肌がかぶれた」という声もあるので、肌が弱いなら日本の製品を持って行った方が良いです。